tel. 03-3527-2637

エスクロー信託建築資金管理システム

エスクロー信託建築資金管理システムとは

 お施主様の家づくりを安心の取引・コスト削減・独自の保証でとことんサポートする信託を活用した全く新しい家づくりサービス、それがエスクロー信託建築資金管理システムです。なんとお施主様の費用負担はございません。
夢のマイホーム、賃貸住宅、リノベーション工事など工事請負金額300万円以上であれば幅広い用途にご活用いただくことができます。
個人のお客様だけでなく不動産を所有する法人のお客様にもご利用いただくことができます。
エスクロー信託建築資金管理システムがお施主様にどのようなメリットをご享受させていただけるかを以下ご説明させていただきます。

エスクロー信託とは?

 エスクロー信託とは、契約当事者間に第三者である信託エージェントが介在することで取引の安全性を確保するサービスです。信託銀行の代理店が信託エージェントとなり、信託法に則りご対応することで安全に決済することができます。エスクロー信託は不動産やM&Aなどに用いられる手法ですが、建築の取引に応用したものがエスクロー信託建築資金管理システムです。

エスクロー信託のメリット

  • 安心の取引

    レジスタと提携する信託銀行の代理店が工事請負契約に介在することで安心の取引を実現します。

  • 工事コストの削減

    レジスタへエスクロー信託のご依頼をいただければ建築工事コストを信託与信で削減することができます。

  • エスクロー工事保証

    レジスタが工事を継続できないような万が一に備えた安心のバックアップ体制をご提供します。

安心の取引

 お施主様と弊社との工事請負契約と共にエスクロー信託建築資金管理システム利用契約書(三者契約)を締結させていただきます。
通常、工事請負契約の契約当事者はお施主様と我々工事会社であり、工事会社に万が一が生じた場合、お施主様が大きな損害を被ることになります。
しかし、信託銀行がこの契約をバックアップすることでお施主様の大事な資産を安全に管理します。
レジスタは、信託銀行である株式会社山田エスクロー信託とその代理店である一般社団法人安心安全住宅供給協議会(安住協)と提携しております。
エスクロー信託の活用の費用はかかりませんので安心してご利用いただけます。

 それでは、エスクロー信託建築資金管理システムの契約の流れについてご説明します。

①工事代金は、弊社(施工会社)ではなく、信託口座へお振込み(預託)いただきます。一括での預託が望ましいですが金融機関からの借入状況などをご申告いただければ分割預託も可能となる場合があります。
②弊社への工事費用の支払は三者契約で取り決めた金額を工事の進捗状況に応じて信託口座から出来高にて支払われます。工事の進捗以上に支払わないすなわち過払いしないことで万が一に備えリスクを圧縮することができます。

工事コストの削減

 建築資材のコスト及び工事費は年々高騰しております。
エスクロー信託を活用すると工事コストを削減することができます。ではなぜエスクロー信託により工事コストが削減できるのでしょうか?
このコスト削減の重要な要素を我々は「信託与信」と呼んでおります。
「信託与信」の力により工事コストが以下のように削減することが可能になります。

 建設・建築業界の工事コストは与信で決められております。与信すなわち企業の信用力です。信用力が高く貸し倒れリスクの高い大企業は安価な設定で資材調達ができます。しかし日本のほとんどの企業は中小零細企業であり、その中小零細企業は大手企業よりも高い仕入れを行い、大手よりも安くお施主様に金額提供しているという事実があります。
 これを打破するのが信託与信です。信託口座から弊社だけでなく建材商社や下請業者に直接支払することで信用力の高い信託銀行の与信で資材調達や工事を手配することができるため、信託与信で得られるベネフィットをお施主様に還元することでコストダウンが実現することができます。

建築費用を①大手企業②一般的な工務店③エスクロー信託を活用した場合とで比較しました。

①大手企業(大手建築工事会社)
スケールメリットを活かすため工事原価:低
広告費や会社運営維持のため粗利設定:高
トータルコスト:高

②工務店(一般建築工事会社)
大手企業と比較して工事原価:高
大手企業と比較して粗利設定:低
トータルコスト:中

③エスクロー信託を活用したレジスタ
信託与信により工事原価:低
工務店と同等の粗利設定:低
トータルコスト:低

このようにエスクロー信託をご活用いただければ工事コストを削減することができます。

注意事項)工事コストは、工事・資材全て減額を保証することではありませんのでご了承ください。詳細については三者契約締結前に要打ち合わせとなります。

エスクロー工事保証

 エスクロー信託建築資金管理システムをご利用いただければ工事完了までご安心いただけます。工事期間中に万が一弊社が工事を継続できない状態に陥った場合でも信託銀行の提携する工事引継業者が竣工まで工事を継続します。近しいサービスで完成保証がありますが、費用が発生します。ただしエスクロー信託建築資金管理システム独自の工事保証では費用負担はゼロです。
費用負担ゼロの工事保証が実現する理由は、信託口座で管理されたお金を過払いを発生させないことです。万が一工事がストップした場合でも預託した工事資金は安全に管理されているため、引継業者が継続して竣工までご対応します。
もちろんこのような事態にならないようレジスタは日々精進を行います。

エスクロー信託建築資金管理システムのメリットまとめ

 エスクロー信託建築資金管理システムのメリットを改めてお伝えさせていただきます。
最もメリットを享受できるのはもちろんお施主様ですが、お施主様以外にも我々工事会社は自社の信用を高め実績を積むことができ、また信託銀行と代理店も信託業務を行えることで三方良しといえる画期的なシステムです。

≪メリット≫

  • 契約に信託銀行の代理店が介在するので工事資金を安全に管理できる
  • 弊社への支払は信託口座から出来高払いのため過払いが生じず不測の事態にも対応できる
  • 信託与信により工事コストの削減が実現できる
  • 弊社が万が一工事継続不能に陥った場合でも信託口座に資金は確保されており引継業者が竣工まで責任を持って対応できる
  • エスクロー信託建築資金管理システムの費用負担はゼロ。
  • 個人、法人問わずご利用が可能。
  • 工事請負金額300万円以上の工事で利用可能。

 エスクロー信託はアメリカ発祥の制度で日本においては主に不動産取引やM&Aなどで活用されてきました。建築業界では十数年前から存在はしつつも日の目を見る存在ではありませんでした。しかしインターネットの普及や新型コロナウィルス感染症などにより社会は大きく変化し、先の読めない時代の到来となりました。エスクロー信託建築資金管理システムは今後の建築業界の取引の流れを変えるポテンシャルと更なる可能性を秘めたスキームであるとレジスタは考えております。またエスクロー信託建築資金管理システムの自社での活用だけでなく、この素晴らしいシステムを世間に広めるべくレジスタは啓蒙活動にも力を入れて参ります。世間に認知されればエスクロー信託建築資金管理システムを扱える弊社のような工事会社の持ち込み企画からお客様が信託銀行を選びそして工事会社や設計事務所を選べる時代が近い将来やってくると思います。家づくりに関連する様々なサービスとも連携が予想されますので今後のエスクロー信託建築資金管理システムに是非ご期待ください。
レジスタ合同会社は、エスクロー信託建築資金管理システムを取り扱いする工事会社です。また不動産事業も手掛けておりますので土地探しから工事まで一気通貫での対応が可能となります。
さらに詳しいご説明をご希望の方はお気軽にお問い合わせください。

【協業先リンク】